2009年2月15日日曜日

青梅マラソン

春の陽気の中、青梅マラソンに行ってきました。
初の30キロロード。ハーフでもフルでもないレース。

慣れない距離でどんなペースで走ろうかと思いましたが、ペース維持して終始楽しく走れました。

■リザルト
ゴール 02:11:38(770位)

15km 01:07:28(983位)
20km 01:29:05(906位)
25km 01:50:04(825位)
ゴール 02:11:38

スタート地点、私は列の前3分の1あたりに位置。
それなりに前のほうではあるが、ランナーが15,000人もいるため、約5,000番目スタートとなる。
当然の如くスタート地点に行くまで渋滞。

トレイルレースだと多くても2,000人なので、その数には圧倒される。
号砲役は、北京オリンピック陸上 銅メダリストの朝原さん。
スタート地点で朝原さんを観に立ちどまる人でまた渋滞。

号砲が鳴ってから2分掛かってようやくスタート地点を脱することができた。

目標タイムは2時間15分。
キロ4分30秒を維持しつつ走る。
前半は若干気持ちがはやっていたので、抑えながら人ごみをかいくぐる。

前半15キロは登りが続くが、体力が余っているため疲れはない。
途中、速度と距離を測るFOOTPODが突然止まったり、トイレに行ったりしつつもなんとか目標ペースを維持。

15km 01:07:28(983位)
タイムを2倍したらちょうど目標の2時間15分w
絶妙のペース感覚に感動しつつ、残り15キロを走る。

後半は下り中心なので攻めたい気持ちはあるものの、いつスタミナ切れするか分からない。
残り5キロで仕掛けるつもりで今はペースを維持。

途中、大会公式の給水所以外にも、水や飴を用意してくれた方々がいたので、有難く頂戴しました。
山とはいえ気温が15度近くあるので、給水はまめに。。。
声援にも元気づけられ、パワー充填。

20km 01:29:05(906位)
20キロ地点あたりから登り坂。
前半では気にならなかった坂も、距離を走るとボディーブローのように効いて来る。
それでもまだ体力温存中なので極端にペースダウンすることなく坂越えすることができた。

25km 01:50:04(825位)
20kmあたりから徐々に脇腹や太ももに痛みが走り出し、このへんからさらにきつくなる。
慣れない速度とロードを走るので体が悲鳴をあげ始めた感じ。
止まるほど大したことないが、ロングスパートはちょっと無理そう。

佳境に差し掛かったかのように青梅あたりから声援も大きくなってきた。
「頑張れー」とみんなに声援されて走るのは、とても嬉しい。
ペースの上がらない体に鞭打って徐々にスピードを上げる。

結局、スパートらしい追い込みは残り1キロくらいからだったが、スタミナ切れになることなくかなり自己制御された状態でゴール。

タイムは02:11:38。目標達成!

フルマラソンをサブスリーで走るペースにはさすがに及ばないが、12月から月200キロ走って走力が徐々について来た実感はある。

心肺は全く問題なかったが、後半の足の張り
は課題だ。
ロードにおける距離と速度をもっと意識する必要がありそうだ。

20キロ走やLSDで30キロ〜フル走るなど、バリエーションを増やそうかな。

2 コメント:

Arata さんのコメント...

お疲れ様でした!青梅走られていたんですね。なかなかタフなコースでした。私も楽しめました。

708 さんのコメント...

おつかれさまでした!
青梅は沿道からの声援が多くて、お祭り気分で楽しく走れました。
43回続いている理由がそこにあるかもしれませんね。

コメントを投稿